男の人

エコな取り組みの証明!ISO14001で環境に優しい企業活動を

支援内容を把握する

笑顔の女性

国際規格であるisoの資格取得は、簡単なように見えて意外と難易度が高い代物です。なぜなら、社内で扱っている機密性の高い紙媒体資料やデジタル媒体内部に保管してある資料データに関することの扱いを細かく査定しなければならないからです。あるいは、所属スタッフの入退室時のマナー制定をしなければなりません。それらを社内独自にまとめてisoへ提出したとしても、合格するとは限りません。もしかしたら、何か足りていないものが存在する可能性があります。不十分なところを補い、無事に試験をパスするためには、専門のコンサル業者にお願いするのがおすすめです。コンサル業者なら、社外の人なので客観的に社内の状況を見てどのようなことを設定すればいいのかを把握して教えてくれます。アドバイスに沿って行っていけば、資格取得が成功しやすくなるのは間違いありません。

isoのコンサルを利用する際には、どれくらいの費用がかかってしまうのか気になってしまいます。なぜなら、監査を含めて機密性の高い情報の扱いをまとめる文章作成をすると考えると長期的な期間が必要になるからです。そのため、コンサルに依頼する場合の費用はどれくらいなのかを知る必要があるのです。ちなみに、コンサルへの依頼は支援機関によって費用が異なってきます。どのような支援サービスを行なっているのかというと、完全支援と標準支援と簡易支援の3種類ほどです。これらの支援は、期間の長さは勿論ですが、支援内容も異なってきます。どんな内容のものでどれくらいの費用がかかるのかを充分に考慮してから、iso資格取得支援を依頼しましょう。